海外での車の運転

海外での車の運転

国際免許証とは?

皆さんは運転免許証は持っていますか?
日本における運転免許証というのは、あくまでも日本国内において車を運転する権利を示したものです。
そのため、その免許証だけでは海外で車を運転する権利がありません。

では、海外で車を運転したいと思う場合にはどのような資格を取得する必要があるのでしょうか?
その際に必要となるのが「国際免許証」というものです。
これは日本がジュネーブ条約に加盟しているために利用することが出来るものとなっています。

国際免許証は一度取得すればずっと使えるという性質のものではなく、あくまでも一時的な運転許可という扱いとなります。
国際免許証の有効期限は1年と短いですから、1年以上海外に滞在する予定の場合については、途中からその国の免許を取得するなどの準備をしておかなければ無免許運転となってしまいます。
実際に、それを知らずに海外で無免許運転として摘発されてしまうというケースも少なくありませんから、しっかり確認しておくようにしましょう。

国際免許証の取得方法

では、実際に国際免許証を取得するためにはどのような手順が必要なのでしょうか?
取得自体はそう難しいものではなく、別途試験などを受けなければならないわけではありません。
各都道府県警察署に設置されている運転免許課や、運転免許センターなどに出頭し、発行の手続きを行なうだけで取得することが可能です。

ただ、この手続きをしてすぐに国際免許証が発行されるわけではありません。
おおよそ2週間程度の待機時間がありますから、海外で車の運転を予定している際には余裕を持って準備しておきましょう。
取得の手続きは自治体によって違いがあることがありますから、該当する自治体に事前に確認をとっておく必要があります。

国際免許証はどこでも使えるのか?

では、この国際免許証を取得すれば全世界どこでも車を運転することが出来るのか、というと実はそうではありません。
前述の通り、この国際免許証の効果が発揮されているのはジュネーブ条約によるものですので、ジュネーブ条約に加盟していない国については基本的に国際免許証の効果を発揮しません。

ただし、ジュネーブ条約に加盟していないものの、例外的にドイツとスイスは国際免許証で運転をすることが出来るように制度設計がなされています。
旅行先の国が国際免許証に対応しているかどうかについては、事前に確認をしておきましょう。

ちなみに、この国際免許証の取得にかかる費用は自治体によって違いますが、いずれもそこまで高額なものではありません。
例えば、東京都で国際免許証の交付を受ける場合は2,650円となっていますので、覚えておくと良いでしょう。

英語力上達には英会話スクールが◎

海外で車を運転する際には国際免許が必要で、海外で日常生活を送るためには英語が話せないと意味がないですよね。
旅行程度なら日常英会話で十分ですが、出張や海外赴任となるとそれなりに上級レベルの英会話力がないと仕事が成り立ちません。

英会話力は急に伸びるわけではありません。
地道にコツコツと勉強する必要がありますので、将来的に海外出張や海外赴任の予定がある方は早めにスクールに通うことをおすすめします。

ビジネスにおける英語は、日常英会話とはレベルが違うので、専門のビジネス英会話スクールに行くのが一番の近道です。
中でも、神田外語Extensionはビジネス英会話に特化したスクールで、授業開講はもちろん通勤時間などにもオンライン学習システムを使ったり、自宅などでオンライン英会話で反復学習することが可能。
ネイティブ講師の授業では、ビジネスシーンでの英会話の実践などもあり、よりビジネス英会話が身につく環境が整っています。
無料説明会も定期的に実施されているので、気になる方は一度足を運んでみてください。

運転の技術や英語力も、一朝一夕では身につきませんので、継続することがなにより大切です。