今、噂のマイナンバーって?

マイナンバーとは一体何か?

以前からかなり活発に議論をされることになっていた「マイナンバー」ですが、導入目前になった現在であっても完全に世間的に情報が浸透しているとは言いがたい状態です。

メディアから流れてくる情報だけを見ていると、その中には「国民背番号制」や「個人情報の取扱がずさんになる」といったよくない説明もよく聞かれており、実際のところ何のために導入してどういったメリットがあるのかということがわかりづらくなっています。

是非について論じる前に、まずはそのマイナンバーとは一体どういうものでどういった場面で使用をされるようになるのかということを国民一人ひとりが熟知をしておくことが大切といえるでしょう。

まず「マイナンバー制」とは、簡単に言うと「国民ひとりずつに固有の番号を割り振る」ということの総称です。

これが「国民背番号制」と批判されるもとになっていますが、導入をされると家族や親類縁者などとは関係なくひとりずつが完全に独立した一つの番号のもと社会保障や経済活動、納税についての管理を受けることになります。

割り振られたマイナンバーは12桁の番号であり、一度付けられた数字はあとから変更をされることはありません。

なぜマイナンバーを導入しないといけないのか

様々な批判を受けつつもなぜマイナンバー制が進められているかというと、その背景には年々複雑化する社会保障や行政事務の問題があります。

インターネットなどもなく、通信方法やデータ管理の方法が限られていたときには、その地域に住む人の行政手続きや社会保障の申請などはその地域ごとが独自の方法により管理をしてきました。

しかし人口の流動が多くなり、転職などの職業間の移動、行政・福祉サービスの複雑化といったことをそれぞれが個別の縦割りでこなしていくことが難しくなってきました。

つまりこれまでは私達は一人ずつの年金情報や健康保険の情報、各補助金の受給などが別々の機関や組織によって個別に管理をされてきたということになります。

そのため何らかの変更や申請が新たにあった場合に過去どういった経緯でそうなったかといった流れが把握しづらく、そのことが行政サービスの不十分な対応や、脱税のために使用をされてきたという問題が出ていました。

マイナンバー制が導入をするとそうした行政組織同士の情報交換や、他の組織との連携がしやすくなるので一人ひとりのためにかかる事務手続きが大きく軽減することになります。

マイナンバーが導入されることで発行されるカード

マイナンバー制度が正式に導入されることになると、随時個人に「個人番号カード」が発行されていきます。

「個人番号カード」とは免許証やパスポートのように個人ごとの写真が添付された身分保証のためのカードであり、板面には本人の住所氏名、個人番号が記載されるとともにICチップなどを使った本人認証ができるようになっています。

しかしこの時に記載されるマイナンバーが、一旦外部に漏れて悪用されることになった場合、その人の情報全てが閲覧されてしまうことになってしまいます。

ある意味これまで発行されてきた免許証やパスポートよりもさらに取扱が難しい身分証明カードというふうに言えます。