海技免状

海技免許とは

海技免状は国家資格です。船舶職員や、小型船舶操縦者法の下、大型船舶に乗員する職員は取得しなければならないものです。

資格については1級から6級まで区分がありますが、それぞれ乗り組みの対象となる船舶が異なってきます。この点が特徴と言えば特徴ですが、こちらもまた、国家資格になりますので、身分証明書としても活用する事が出来るでしょう。

これは海技免状に限った話ではないのですが、国家資格は国が発行しているものです。

したがって、海技免状は資格であると同時に、その存在を認めてくれているものですから、身分証明書にもなるのです。

運転免許のように持ち歩くことができる

国家資格を持ち歩いている人はいないとする声もあるかもしれませんが、運転免許を思い出してください。

運転する時だけではなく、大抵財布の中に入れているのではないでしょうか。
海技免状も同様に扱っても構いません。

乗船する時だけではなく、常に財布に忍ばせておけば、いざという時には証明書となってくれるというものですので、上手く活用する事ができるということです。

船舶関係者以外はなかなか馴染みの無い資格でしょうが、船舶関係者であればこれ以上にないくらい馴染みのある資格でしょう。

身分証明書にもなるのですからとてもありがたい話なのではないでしょうか。