在留カード

在留カードは外国人の方にとってはとても貴重な身分証明書となってくれるものです。そもそも在留カードとはどのようなものなのでしょうか。

在留カードとは、日本に来る外国人を対象にしたもので、日本に在留する資格がある人に発行されるものです。発行は法務大臣ですから、立派な身分証明書になってくれるものです。

氏名等はもちろんですが、どのような身分なのか、在留資格や在留期間等が明記されています。ですが誰でも受け取れるものではありません。そこには当然対象者がありますからね。

・3ヶ月以下の在留期間が決定された場合
・短期滞在の在留資格が決定された場合
・外交、あるいは公用の在留資格が発行された場合
・法務省令で定める人
・特別永住者
といったようになります。

ここで注意すべき点は、あくまでも中期的な在留だという点でしょうか。日本人と結婚した人ですとか、日系人、さらには企業に勤めていたり、技能実習生や留学生等はこれには当てはまりません。

また、観光目的での短期間滞在もこれには当たりませんので、外国人だからという理由で在留カードを申請出来るというものではないのです。この点は注意すべき点ですね。

在留カードの取り方

では在留カードはどのような形で入手する事が出来るのでしょう。条件面に関しては解りましたが、具体的には何が必要になるのでしょうか。

・入国審査
当然ですが外国から日本に入るのですから、これがまず第一歩目になります。上陸許可の証印と共に在留カードを交付する事になります。
日本は島国ですから、日本に入るとなると大抵は空路か海路でしょう。大半が空路になりますので、これは空港で受け取る事になりますね。

・市区町村にて居住地の届出
どこに住むのか。観光であれば住む訳ではありませんが、在留する事になるのであればどこに住むのか。在留カードは外国人の方の身分証明書代わりになるものですが、証明するのであれば申請しなければならない事ですからね。

・地方入国管理官署
こちらでもあれこれ申請する事があります。就労資格や留学、配偶者等で在留する場合にはその届出が必要になります。

これらを以って在留審査が行われる事になるのですが、不正な手段によって在留特別許可を受けたりすると在留資格の取り消しになります。
この点だけは気を付けなければならないでしょうね。

在留カードは外国人にとってはとても貴重なものです。観光ではない。かといって永住という訳では無い。そのような場合、普通に生活する分にはなんら困る事はないでしょう。

ですが身分証明書がありません。日本は島国である以上、どうしても「外国人」という存在が目立ってしまいます。日本人であれば何もないようなシチュエーションでも、ともすると職務質問にあったりしてしまいます。

その際、在留カードがあれば説得力があります。もちろんそれだけではないですが、貴重な身分証明書となってくれるものですよ。