パスポートの重要性

パスポートを取得したらコピーをとりましょう

海外旅行や海外留学などのノウハウ本を読んでいると、必ずといって良いほど冒頭から注意されているのが「パスポートの盗難・紛失対策」です。

特に初めて海外旅行をする人などに対しては「緊急時の現金とパスポートだけは他の荷物と別に分けて肌身放さず持っておくようにしましょう」といったアドバイスがされていたりします。

これはそれだけ海外にでかけたときにパスポートが重要になるということであり、一度紛失といったことが起こると相当の苦労をしてしまうことになるということからきています。

海外旅行の失敗談などを見ていても「パスポートを紛失してしまったために大変なめにあってしまった」という人の話はたくさん見かけることができますので、まずはそうしたところで実体験としてどういうことが起こるかということを知っておくことも大切です。

とはいえどんなに注意をしていても紛失や盗難ということは起こりえます。

そこでおすすめの対策となるのが、パスポートを発行した時点や旅行に出かける前にはコピーをとっておきそれも別に保存しておくという方法です。

このコピーは海外に行ったときに宿泊や留学をするときにコピーの提出を求められるということの他、本体を紛失してしまったときにすぐに参照ができるようにするためです。

コピーをしておく部分は自分の顔写真と署名が記載されている見開きの部分です。

コピーがあるだけで再発行の手続きがかなり楽になるので、ぜひ一通でもとっておくようにすることをおすすめします。

突然旅行中に提示を求められることも

パスポートを使用するシーンは空港や港での出国時だけのようですが、実際に旅行をしてみると決してそれだけではないことがわかります。

その国の治安にもよりますが、特定の地域に立ち入るときに必ずパスポートの提示を求められるようなこともあり、そのときにすぐ提示することができないと最悪の場合には警察に拘留されてしまうようなこともあるということです。

ただそこまでのことが起こるのはよほど治安の悪い地域なので一般的なツアー旅行などではめったにはありませんが、それでも常に身分を証明できる書類を携帯しておくことで保証される安全はかなり広い範囲に及びます。

提示を相手方から求められる場合だけではなく、逆にこちらが誰かに助けを求めたい場合にもパスポートは重要な役割をします。

パスポートは日本の国務大臣の名前のもとで発行をされるため、このパスポートを見せることにより「日本国民」を守るように各国の機関に要請することができるのです。

万が一紛失をしてしまったことがわかったら

もし十分に注意をしていたにもかかわらずパスポートを紛失してしまったことがわかったら、すみやかに近くの在外公館に届け出をしましょう。

在外公館では紛失したパスポートの新規発給の申請を受け付けてくれるだけでなく、既にどこかに行ってしまったパスポートを不正利用されるための防止措置をとってもらえます。

最近では盗難したパスポートを使って偽造し、テロ活動や犯罪に使用するという組織もいるため早めに届け出をしないことにより思わぬ疑惑を受けてしまうことも考えられます。

パスポートは身分証明書として重要であるというため、もし悪用をされてしまった場合の損失も大きいということはしっかりと頭に入れておくようにしましょう。