パスポート

パスポートもまた、身分証明書として役立ってくれるものです。

本来の特徴は海外に行く時のためのものです。
発行元は日本政府になりますので、パスポートを持っているという事は、
日本政府がその人の事を証明してくれているという事ですからね。
そのため、様々な身分証明書の中でも説得力が違います。

また、パスポートという制度は日本だけのものではありません。
どの国でも同じ制度となっていますので、日本人が海外に行く際にはもちろんですが、
外国人が日本に来る時にも必要なものです。

本来は渡航許可証的な役割ですが、政府が身元を証明してくれるため、
身分証明書としても機能してくれるものです。

海外旅行の際に作るケースが多いでしょう。海外旅行のためだけではなく、
身分証明書代わりとしてパスポートを作成している人も多いくらいなのですが、
ではパスポートはどのようにして作成するものなのでしょうか。

パスポートの作成方法は地域によって微妙に異なるものですが、
基本的には揃えるべきものは同じです。

一般旅券発行申請書

これは市役所や区役所、行政センターや
パスポートセンターに置いてある無料のものです。

これに必要時効を記入する事になります。
10年用と5年用がありますが、料金以外は特に何かが変わるものでは
ありませんので、自分の好きな方を選べば良いでしょう。

パスポート取得のための一歩目となるものですので、
どこに置いてあるのかチェックしておくべきでしょう。

パスポートを作る際、一般旅券発行申請書以外は
他のシチュエーションでも必要なものですから、案外馴染みのあるものばかりです。
ですが、これだけはパスポートのみのものです。

パスポートを取得するのが面倒だと思っている人も多いのですが、
それはこの一般旅券発行申請書がどこにあるのか解らない点を以って
「面倒」と思ってしまっているのでしょう。

戸籍妙本、戸籍謄本のいずれか

これは区役所等で発行してもらえるもので、多くの方がご存知のものでしょう。

本籍地が住民票の住所と同じであればなんら面倒な事もないのですが、
本籍地と住民票記載の住所が異なっている時は少々厄介です。

特にそれが遠隔地の場合、訪れるのも一苦労でしょうから、
その場合は郵送してもらうよう依頼するのも良いでしょう。

本籍地の行政に依頼すれば郵送してくれるのですが
時間がかかるケースもあります。

写真

これは自分自身を写したもので、パスポート用のものですね。

縦45mm、横35mmで申請の半年以内に撮影されたものです。
ここで注意すべき点は、履歴書のものとは微妙にサイズが異なる点です。

履歴書作成の際に撮影した写真が残っているから
それで良いだろうと考えてしまう人が多いのですが、微妙にサイズが異なります。

微妙にサイズが異なるという事は、
履歴書用に撮影した写真では申請する事が出来ませんので気をつけましょう。

ですが、サイズの問題だけですので、
撮影そのものはインスタント写真機のものでも可能です。

そこまで厄介なものではないでしょう。

本人確認書類

運転免許証や写真付き住民基本台帳等です。

海外旅行のために取得したいと考えているのであれば
特に気になるようなものではないでしょうが、身分証明書代わりにパスポートをと
考えている人にとっては、ここが最大の関門と言っても良いかもしれません。

他のものは基本的にはすぐに用意する事が出来ます。
戸籍謄本を郵送してもらうにせよ、時間はかかりますが
他に何か行わなければならない事はありません。

それらがない場合、ここが最大のネックとなってしまいますね。
その場合、印鑑登録証明書を活用するケースがセオリーでしょうか。

前回取得したパスポート

これは持っていない人は提出する必要はありません。

ですが保持している場合は一緒に提出しなければなりません。
身分証明書代わりにパスポートをと考えている人にとっては無縁ですが。

印鑑

申請書の記入ミスの訂正ですとか、いろいろな事に必要になります。
ですが、本人確認書類で印鑑登録証明書を提示する場合には不要です。

それでも、用意するのが厄介という程のものではないでしょうから、
一応持っておくべきでしょう。

印鑑を忘れたがために申請が受理されないとなると、
それだけで手間がもったいないですからね。

住民票

これは本人確認と同時に居住地の確認といった所でしょうか。
住民基本台帳に登録しており、本人確認に住民基本台帳を利用する場合には
不要です。

これらを用意したら書類を提出します。申請そのものは代理人でも出来ます。
申請する際、交付予定日を知らされますので、それ以降にパスポートを取りに行きます。
どこに取りに行くのかは、申請した場所になります。

大抵はパスポートセンターでしょうか。

その際にもまた、必要なものがあります。
・パスポート引換証
・印鑑
これらは当然でしょう。

特に引換証は、「パスポートを申請した人」という証明でもあります。
これがなければどのような理由であってもパスポートを受け取る事は出来ませんので
気をつけましょう。

作成料金

残念ながらパスポートは無料で作成してもらえるものではありません。

先にお話ししたように、10年用と5年用で異なるものです。
10年用の方が金額は高いですが割安ですね。価格に関しては自治体によって
異なります。

収入印紙を貼って提出するという手法は同じなのですが、値段は微妙に異なるものです。
平均としては、5年用が11,000円前後、10年用が16,000円前後と言われています。

当たり前の話ですが、収入印紙を出さなければ
パスポートを受け取る事が出来ませんので気をつけましょう。
これでパスポートを受け取る事が出来ます。

海外旅行の場合は海外旅行の前までに
パスポートを作成しておかなければならないですから、
期日等も余裕を持って早めに申請しておくべきでしょう。

ですが身分証明書代わりにと考えているのであれば、
特に急ぎではないでしょうかマイペースに作成すればよいのではないでしょうか。