年金手帳

年金手帳は身分証として利用することができるか

身分証を求められた際に、年金手帳というのは身分証として利用することが出来るのでしょうか?
実は日本には「公的機関によって発行された身分証」というのが幾つか定められており、これに含まれている身分証はほかの私的な身分証よりも高い精度で身分を証明することが出来るものとして利用することができます。
年金手帳もその公的機関によって発行された身分証の一つとしてリストアップされていますから、当然これも身分証として利用することが出来ます。

年金手帳は20歳を超える日本人であれば所有する権利を有する証明証です。
というのも、日本において公然の義務とされている国民年金への加入は20歳以上の日本国民が対象となっているためです。
これ以上の年齢であれば年金の支払いを行っているはずですから、手続きを行なうことで年金手帳が発行されることになります。

ただ、年金には国民年金のほかに2つの種類があり、それぞれの年金加入の場合については別の扱いとされていることがありますので、その場合については注意をして置かなければなりません。
ただ、現在においては年金手帳という名称で一つに統合されているので、その心配はなくなりました。
以前は国民年金加入者の国民年金手帳、厚生年金加入者の厚生年金手帳、船員保険加入者の船員保険年金番号証という3つの種類に分けられで鳥、色もそれぞれちがっていました。

現在の年金手帳は統一されて全員がブルーの表紙のものとなっており、統合時に新色のものが送付されています。
ただ、以前までの年金手帳についても以前として身分証明証としての効果を持っていますので、そちらを利用することでも問題はありません。

年金手帳の発行と再発行

年金手帳は現在、初回の年金保険料を支払うと自動的に発行され、送付されるようになっています。
そのため、通常通りしっかりと加入手続きを行い、支払いを行っているのであれば問題なく所有しているはずです。
ただ、もし初回の支払いが遅れるなどのトラブルがあった場合については交付が正しく行われていない可能性があります。

ただ、20歳の時点ではまだ収入がないことも多いため、この時点では加入せず、大学卒業となる22歳まで納入を遅らせる手続きを取ることも可能です。
この場合についてはこのタイミングで年金手帳が交付されることになりますので、それ以降身分証明証として利用することが出来るようになります。

万が一年金手帳を紛失してしまった場合、再発行手続を行なう必要があります。
最寄りの年金事務所に行き、所定の用紙に必要事項を記入することで可能ですので、それほど手間を掛けずに手続きが可能です。