運転免許の後悔しない写真の写り方

よく使う身分証明証だからこそ

写真入りの身分証明証として高頻度で利用されるのはやはり運転免許証ではないでしょうか。
身分証明証としての役割だけを考えるならばそこまで気にする必要はないのですが、それでも多くの人の目に触れる可能性が高い分、気を使いたいのが免許証の証明写真部分です。
この写真部分は自分で持っていったものを利用するというわけではなく、当日撮影したものを使用することになるため、一発勝負になってしまいます。

そのため、免許証の写真がどうにも気に食わないものになっている、という人はやはり全体的にみてもかなり多いようです。
では、後悔しないような免許証写真の映り方にはなにかコツはあるでしょうか?
簡単にできる免許証写真を良くする方法について、いくつか紹介していきたいと思います。

まず、写真うつりを左右するのが光のあたり方です。
顔にしっかりと光があたっていると、暗く写ってしまう場合に比べてかなり写真うつりが良くなるでしょう。
そのため、顔に光が集まるような、レフ板代わりの役割をしてくれるものを用意しておくのがポイントです。

写真撮影の際にはズボンやスカートなどを白いものにすると、光を反射してレフ板の役割を期待できます。
また、服装を白で用意するのが難しい場合には、白いハンカチを膝の上においておくだけでもある程度の効果を期待することが出来るようです。

光のあたり具合よりも直接的に印象を左右するのが服装です。
とはいっても証明写真で写るのはあくまでも首元なので、全体の服装は関係がありません。
タートルネックのように首筋が隠れてしまうものを着ると全体がもっさりとした印象になってしまいますので、襟付のような首筋が見える服を着用することで全体のイメージをしゅっとするとこが可能です。

その他に写真をよくするには?

では、ほかに写真映りを良くする方法はあるでしょうか?
全体的な印象を変えるポイントの一つとして、姿勢があります。
これも写真だとわかりにくいかと思うかもしれませんが、姿勢が悪い、特に俯いたような感じで写真に写ると光のあたり方が悪く、どうしても沈んだ絵で写ることになってしまいます。

姿勢はしっかり背筋を伸ばし、顎をひいて前を向くようにしましょう。
そうするだけでも全体の印象をよくすることができます。

最後に、何より写真で重要なのが表情です。
緊張してしまって硬い面持ちになっていると、それこそよくない写真うつりとなってしまう可能性が高いでしょう。
そうならないように、リラックスした状態で写ることができるような準備をしておくのがポイントです。

撮影前まで聞いておけるような音楽を準備しておくなど、心理的な準備も写真に影響を与えます。