郵送での住民票取得方法

住民票の写しは郵送でも取得可能です

住民票の写しは免許申請やパスポートの申請など、生活の中の案外多くの場面で必要になります。

身近な距離に市役所やその出張所がある場合ならよいのですが、遠方で生活をしている人などは必要があったときにいちいちそこまで取りに行かないといけないのはかなり面倒です。

そこで全国にある自治体では、郵送で住民票の写しを請求することができるようにしています。

基本的に手続きはそれぞれの自治体が管理する公式ホームページから行うこととなっており、そこでダウンロードができる書類をプリントアウトし、必要事項を記入した上で所定の場所へ送付をするというシステムになっています。

ただしダウンロードできるのは申請書類のみなので、実際に送付をする封筒や返信を受けるために同封する返信用封筒とその切手代は自分で用意をしなければいけません。

また住民票の発行には手数料がかかるのでその分の定額少為替も同封することとなっています。

郵送で住民票を請求するときに必要なもの

しかし住民票は本人の個人情報を含む重大な個人情報書類なので、申請をするときには必要な書類が揃っていることが条件になります。

申請時に同封することとなっているのは、まずホームページからダウンロードをして必要事項を記載した「住民票関係申請書」と、本人であることを確認することができる身分証明書の写し(免許証のコピーなど)、それと事務手数料分の郵便定額少為替、切手を貼付した返信用封筒です。