免許書番号にも意味がある

自動車免許の免許番号にも注目

皆さんは自動車免許を所有していますか?
持っている人は、一度自分の免許証を見てみて下さい。
そこには12桁と5桁の2つの免許番号が記されていると思いますが、この免許番号にはどのような意味があるかご存じですか?

12桁の番号は実はいくつかの意味に分類することができます。
最初の二桁、次の二桁、その次の六桁、一桁、一桁という分類となります。
それぞれにある意味についてここでは簡単に紹介していきましょう。

まず最初の二桁の意味についてです。
ここで記されているのは、免許を初めて取得した際に何処で取得したのか?ということの記録となります。
すべてについて記すと数が膨大になるので簡単な法則だけ説明します。

10番代は北海道での取得となります。
10版が北海道本部での取得、11が函館での取得、12が旭川での取得、といったような具合です。

20番代は東北地方での取得となります。
20番が青森、21番が岩手、といったようにこちらは都道府県ごとの扱いです。

30番代が東京都での取得で、これは特にそれ以上の分類はありません。
さらに40番代が関東甲信越、50番代が北陸中部、60番代が関西地方、というように続いていくことになります。

つまり、免許番号の最初の二桁を見ると、どこで教習をうけたのか、ということがある程度分かるようになっているわけです。
では、次の二桁はどんな意味があるでしょうか?

この二桁の意味は簡単です。これは取得した年の西暦の下二桁が記されています。
1958年に取得したなら58ですし、2014年に取得したなら14となっている、ということです。

それ以降の番号の意味は?

では、次に記されている6桁についてはどのような意味があるのでしょうか?
ここからはここまでの番号のように法則性のあるものではなくなります。
ここの番号が免許証の固有性を示している部分だと思って頂ければ良いでしょう。

ここでは教習所単位で番号が振り分けられ、全く同じ番号にならないように機械的な番号付けが行われています。
特に法則性などは無いとされていますが、噂によると学科試験の結果が記されているとか、そんな都市伝説もあるようです。
基本的にはランダムな番号だと思って頂いて構わないでしょう。

次の1桁は、チェックデジットと呼ばれる番号です。
聞き覚えがないかと思いますが、ここではそこまでの10桁の番号を決まった法則のある計算式で計算し、その結果によって記載されています。
そこまでの番号が間違っていないことを証明するためのものとなります。

最後の一桁は再発行の回数です。
そのため、新規取得の場合には必ず0となっています。
どうでしょうか?一度免許証番号を見てみるのも面白いですね。