保険証を身分証明書に使うのは恥ずかしいという風潮が

保険証は持っていて当たり前のもの

身分証明書となってくれるものはとても多いです。一番有名なのは運転免許でしょうが、保険証ですとか、住民基本台帳等、様々なものがあります。日常生活の中で身分証明書の提示を求められる事もあるでしょう。クレジットカードを作ったりですとか、会員カードを作る時。レンタカー等、サービスを利用する時など、ライフスタイルによっては案外多かったりするものですが、健康保険証もまた、身分証明書に成り得るものです。行政が発行してくれているのですから、とても素晴らしい効果を持っていると言えるのではないでしょうか。そんな健康保険証、身分証明書として提示するのはあまり格好よくない、ともすると「恥ずかしい」とすら思われる風潮があるようです。
これにはいくつか理由があります。その最たるものとしては、健康保険証は誰でも持っているものです。特別な事をしなければ得られるものではないのです。そのため、身分証明書の提示の際に健康保険証を出すと「それ以外に無いの?」と思われてしまうのです。

やはり運転免許がベスト

特に身分証明書は運転免許がポピュラーですから、身分証明書の提示の際に健康保険証を出すという事は「運転免許を持っていないの?」と思われてしまうのです。
運転免許は決して義務ではありません。取得しなければならないと定められているものではありません。
ですが身分証明書として保持している人も多いですし、社会人としては「持っていて当たり前」な風潮がありますので、健康保険証を出すという事は、「運転免許を持っていない」とカミングアウトしているとも言えます。
健康保険証を出すのが恥ずかしいというよりも、運転免許を持っていないのが恥ずかしい。このような理屈となっているのです。
確かに、運転免許は運転するしないではなく、社会人としてのマナーだとする声もあります。公的な身分証明書になるのですしね。
人それぞれ様々な価値観があるでしょうが、身分証明書の提示の際に健康保険証を出すと、場合によってはそのような視線を向けられてしまう事もあるのです。
病院等の医療機関であればまだしも、それ以外のサービスの時にはスマートに運転免許を身分証明書として提示する。それが大人のマナーなのかもしれませんね。
周囲の視線が気にならないのであれば特に気にする事ではないかもしれませんが、周囲の視線を気にしがちな人は覚えておくべき話なのかもしれませんね。