身分証明書の豆知識

身分証明書に関する知識を深めましょう

a0001_015526
そもそもなぜ身分証明書が必要なのか、皆さんは考えたことがありますか?
これはいろいろとあるのですが、やはり「公的に使える自分の存在証明」という点が大きいでしょう。

身分証明書は自己申告ではなく、発行元の基準を満たす事で発行してもらえるものですから、発行元が身分を証明してくれているのです。

運転免許や住民基本台帳であれば行政が発行元ですし、先に紹介した国家資格であれば国が発行してくれています。学生証ですと、学校という公的教育機関が発行してくれています。

そのため、社員証は身分証明書としては「弱い」のです。大企業であればそれなりに説得力もあるでしょう。

ですが、どれだけの大企業であっても「公的」なものではありません。あくまでも民間企業のものでしかありませんので、会社の規模次第では、社員証では身分証明書として機能出来ない、あるいは認められないものもあるのです。

身分証明書で大切なのは、どのようなものなのかではなく、「どこの組織が」発行しているかなのです。

「なんでこれがダメなの?」と思うケースもあるかもしれませんが、民間企業が独自に発行しているものですから、公的機関に審査してもらっているものではありませんからね。

カテゴリー「身分証明書の豆知識」の記事一覧

免許書番号にも意味がある
海外での車の運転
運転免許の後悔しない写真の写り方
海外の身分証明書
保険証を紛失したら
運転免許証を紛失したら
中国の偽身分証明書
海外で使える、パスポート以外の身分証明書
運転免許証には性別が書かれていない?
亡くなった方の身分証明書の返却について
taspoは身分証明書にならない?
身分証明書を偽造したときはどんな罪になる?
身分証明書の写真をキレイに撮るコツ
保険証を身分証明書に使うのは恥ずかしいという風潮が