身分証忘れでコンサートに入れない?

年々厳しくなるチケット対策

ヤフオク!などのオークションサイトを見ていると、人気のアーティストのチケットが数多く出品されていることがわかります。

中には一般販売で購入をしたときには5000~7000円程度のチケットを数万円~数十万円という価格で販売しているものもあり、びっくりするくらいの高額になっていることも珍しくありません。

こうしたチケットの転売問題はここ数年でかなり問題視されており、人気アーティストのスタッフ側もチケットの転売があったことがわかり次第その発券番号を無効にして入場を禁止するという対策をとるようになってきました。

しかしそうした水際の対策にも限度があることから、最近ではライブの入口でチケットの発行名義人と本人が同一人物であるかを確認してからでないと入場を許可しないというところも増えてきています。

その弊害とも言えるのがうっかり身分証を忘れてきた正規のチケット購入者までが入場ができなくなってしまうという問題です。

普段から自動車を運転するため免許証を持っているという人ならよいのですが、免許そのものを持っていなかったりするような人の場合には、つい以前までのつもりでライブに出掛けて門前払いを受けてしまうなんていうこともあったりします。

今後は自分の身分を証明できるIDは常に持ち歩くようにするクセを持っていないといけませんね。

悪いのはチケット転売者なのですが

実はそうしたライブの入場にID提示を求められるという事例は以前から使われていました。

しかし大勢の人が入場するライブでいちいち確認をしていると大変に手間がかかってしまうため、プレミアチケットとして販売される「SS席」のような一般席ではない少人数のための特別席だけで行われてきた方法にとどまっていました。

それがなぜこんなにも大勢を対象にしたIDチェックにまで発展してしまったかというと、それは悪質な転売者が増えてきたということに尽きます。

ネットやスマホなどがまだ一般に普及していなかった時には、いわゆる「ダフ屋」と言われる人たちが会場入口付近で「席あるよー」と手売りをしていたものです。

それが誰でも手軽に通信で連絡がとれるようになったことと、オークションサイトのように素人同士が簡単にものの売買ができるシステムが登場したことにより、そうした「ダフ屋行為」に一般の人が手をだすようになってきたのです。

自分自身もそのアーティストが好きでチケットを余計にとりすぎてしまったというならまだよいのですが、中には全く好きでもないアーティストのチケットを転売目的で大量に購入しそれを大量にネットで半バウするということを本格的な「商売」にしてしまっているような人もいます。

そうした行為は純粋なファンからのチケット購入を阻害するものですし、結果的にアーティストのライブの質を落とすことになってしまいます。

対策としてはかなり後手なのですが、現在では相当厳しく転売対策はとられるようになっています。

間違っても転売チケットは購入しない

人気のチケットは抽選倍率が10倍を超えるようなこともあり、昔からファンクラブに入っているような人であっても簡単にゲットできないこともよくあります。

そんなときにはいくら払ってでも行きたいと思うかもしれませんが、間違ってもそうした転売チケットを購入してはいけません。

転売チケットはネットに番号が出た時点でスタッフにチェックをされますので、そのチケットを持って会場に行くことでIDチェックを受けそれ以降は正規の購入もできなくなってしまう可能性もあります。

もちろん自分で転売目的のチケットを購入するなんていうのも言語道断で、チケット購入時にチェックされる個人情報が会場でのIDチェックに引っかかったらもう永久にそのアーティストのライブに行くことはできなくなってしまうと思った方がよいでしょう。

もし購入したチケットが余ったり行けなくなってしまったら、オークションサイトではなくファンクラブなどの正規の譲渡システムを使うようにしましょう。